うれしい 傷ナシわきが治療!ミラドライの最新ガイド

あなたのわきの悩みに応えます!最新治療ミラドライ・ナビ

手術

これまでもっとも効果的といわれてきた、手術によるわきが治療を調べてみました。

手術によるわきが治療の効果

わきが治療の手術には、いくつかの方法があります。

剪除(せんじょ)法は、わきのシワに沿って4~5cmの切り込みを数本入れ、皮膚をひっくり返して、実際に目視しながら、わきがの原因であるアポクリン汗腺を切り取っていくものです。一つひとつ汗腺を切り取っていくことから、医師の高い技術力と集中力が必要な手術であり、切り込みを入れたところを縫い合わせるので、その場所が大きな傷となって残ります。
この手術方法は、病院にもよりますが、保険診療の対象になっています。

皮下組織掻爬法は、わきの下に入れた数センチの切り込みから、「キューレート」というスプーン状の器具を皮膚の裏側に入れ、わきがの原因であるアポクリン汗腺を掻き出す方法です。表面的には大きな傷跡は残りませんが、ほかの組織を傷つける恐れが高く、回復にも時間がかかります。

また、皮下組織削除法は、わきの下に1cm程度の切り込みを入れ、一方に鋭い刃、もう一方にローラーのついたハサミ状の専用の器具を挿入し、汗腺を削ぎ取っていく方法です。皮膚を薄く削るために肌の色が変わってしまい、また、切り込みを入れた部分の傷口も残ります。この方法に改良を加え、ほかの方法と組み合わせて使う場合もあります。

古くから行なわれてきた切除法は、わき毛の生えている部分に沿って、皮膚と皮下脂肪を丸ごと切り取ってしまう方法です。
丸ごと取ってしまうので、確かに効果は非常に高いのですが、わきにとても大きな傷跡が残ります。また、切除した皮膚を補うために、周りの皮膚を引っ張って縫い合わせているので、皮膚がひきつった状態になり、腕の動きもスムーズにいかなくなります。したがって、現在ではこの方法を採用している医療機関は、ほとんどありません。

いずれの場合も、手術でメスを入れるため、医師の技量により効果の差が大きくなり、傷口も残ります。わき毛もまだらになることが多いようです。
また、手術後の圧迫固定が必要で、ダウンタイムが長めになることもデメリットでしょう。

手術での治療費用の概算

●保険診療:4~10万円程度

ミラドライ施術クリニックのランキングを見る!

手術のメリット&デメリットのまとめ

メリット

  • 方法によっては、確実に汗腺を除去できる
  • 保険診療もあるので、比較的安く済む

デメリット

  • 傷跡が大きく残る
  • 医師の腕により、効果の差が大きい
  • ダウンタイムが長い
  • わき毛がまだらに残る

手術でわきが治療をした方の口コミ

臭いがきつく、友達にも指摘されることが多くなってきたので、手術することを決めました。手術自体は2時間程度でした。翌日はすごく痛かったのですが、痛み止めを使ったら楽になりました。術後は、手を上げないことと、重いものを持たないほかは、意外と普通に生活できました。臭いはすっかり気にならなくなったので満足です。(30代・女性)

汗がすごくて悩んでいました。そして、思い切って剪除法を受けることにしました。手術後、2日間はすごく痛くて動かせなかったのですが、それ以降は痛みが軽くなっていって、今は全然痛くないです。症状も改善し、受けて良かったと思います。(20代・男性)

 
うれしい傷ナシわきが治療!ミラドライの最新ガイド