うれしい 傷ナシわきが治療!ミラドライの最新ガイド

あなたのわきの悩みに応えます!最新治療ミラドライ・ナビ

HOME » どんな治療?ミラドライを徹底リサーチ » メリットとデメリットを教えて

メリットとデメリットを教えて

ミラドライは新しい治療法だけに、どのようなメリット、またはデメリットがあるか、誰でも気になるものです。ここでは、それぞれについて紹介します。

効果とメリット

ミラドライは、わきがや多汗症の原因である、汗腺の機能を消滅させるため、施術直後から効果を実感することができます。
個人差はあるものの、わきがの臭いが消え、汗も明らかに少なくなり、その後、効果は長期的に持続します。

しかも、ミラドライは、1回の施術で88%の方が効果を実感しています。
わきの状態によっては、1度目の照射から3ヵ月以上あけて、2度目の照射を勧められることもあります。

ミラドライのメリットをまとめると、

  • 肌を切らないので、傷跡が残らない
  • 局所麻酔をするので、施術中の痛みはない
  • 両わきあわせて、1時間程度で施術が終了
  • 1度の施術で、治療直後から効果が実感できる
  • 効果が長期的に持続する
  • 日常生活に支障をきたすダウンタイムはなし
  • 施術当日からシャワーOK

となり、非常に優れた施術方法であることがわかります。

デメリットや失敗の危険性は?

ミラドライによる治療は、2013年末現在の実績で、日本国内ではすでに7,000人以上に施されています。
実際に、ミラドライでわきが/多汗症の治療を行なった体験談を見ると、「失敗した」という感想はないものの、施術後の状態には個人差があるようです。

人によっては、施術後からほとんど腫れず、まったく問題ないという方もいますが、ほとんどの方は施術後に、腫れ、熱感、ツッパリ感、黒ずみ、痛み、しびれなど、何らかの症状があるようです。複数の症状が同時に現われる場合や、時間が経過するごとに症状が変わる事例も見られます。

その度合いや症状が現われている期間は、それぞれ異なりますが、どの症状も施術後2~3ヵ月後には落ち着き、臭いや汗だけが減って、肌の表面は元どおりになっているようです。

ミラドライにはこのほかにも、治療自体を受けられない場合など、注意点やデメリットがあります。

ミラドライの注意点、およびデメリットをまとめると、

  • 施術後数日間は、飲酒、入浴、激しい運動はできない
  • 腫れ、熱感、痛みなどの諸症状が、数ヵ月続く可能性がある
  • 以前、わきに外科手術の経験がある場合、受けられないこともある
  • 妊娠中は受けられない
  • ペースメーカーなど、体内に電子器具を入れている場合は受けられない
  • 局所麻酔が使えない場合は受けられない
  • 成長期は受けられない
  • わき毛が減少することもある
  • 保険が適用されない

となります。これをみると、治療対象が限定されることはありますが、治療自体に大きなデメリットはないようです。

ミラドライの施術がある、おすすめクリニックはどこ?>>

 
うれしい傷ナシわきが治療!ミラドライの最新ガイド